2020年01月23日 19:30

1/22 のあそび日記


日にち:1月22日(水)
天 気:晴れ
場 所:きたみふれあい広場
人 数:子ども9人、スタッフ4人


今回も9人のお友だちが来てくれました!
この日も寒い日でしたが「子どもは風の子!」ととにかく動き楽しむ子どもたちでした!


「のあそびのお約束」が終わったら…。

森.JPG
さっそく広場の森の中へ!



森2.JPG
ひたすら奥を目指します。



一方他の子は…

川.JPG

川2.JPG
公園の下に川を発見!
「なにかいるかなー?」とドキドキワクワク。



川3.JPG

川5.JPG
奥にカモを見つけました!
「静かにしないと逃げちゃうよ」と自分たちで話しながらカモをじっくり観察する時間になりました。



川4.JPG

枝で釣りごっこをする子も。
「くっつき虫がとれた!」と言っていました。



戻ると…

木登り.JPG
木登りに挑戦中でした!
スタッフの手を借りながらも登れた2人。

嬉しそうな顔で「ここまで登れたよ!」
楽しい時間になって何よりです!


今回もご参加いただきありがとうございました!

次回以降ののあそびについての詳細や予約はこちらから!

みなさまのご参加お待ちしております。

国際自然大学校
小林伸也(こばしり)


カテゴリ | キャンプ

2020年01月10日 15:35

12/15 のあそび1DAY日記


日にち:12月15日(日)
天 気:晴れ
場 所:東高根森林公園
人 数:子ども11人、スタッフ7人

noasobi1215 (4).JPG

今回ののあそび1DAYで見つけた長ーい枝をみんなで広場まで運ぶあそびからスタート!

noasobi1215 (8).JPG

「よいしょ、よいしょ…」と声をかけながらみんなで道のりを進んでいきます。

noasobi1215 (13).jpg

到着!
「この枝があれば、木の上まで登れるんじゃない?」と子どもたちが考えるほど、立派な枝でした。

移動の時間も楽しく過ごせるのあそびくらぶのみんな、流石です!



『エビを捕まえたい!』


「何かいないかな〜」と言いながら水に網を入れていガサガサしていた子どもたち。
一緒になってガサガサしていたスタッフが「エビがいるよ!」を気がつきました。

noasobi1215 (26).jpg

背の高い大人であれば手を伸ばせば届く場所ですが、子どもたちにとってはなかなか届かない場所。

noasobi1215 (21).JPG

一生懸命、手を伸ばし、体勢を整えてチャレンジです。

noasobi1215 (40).JPG

「取れたよー!」

自分の力で捕まえたエビを誇らしげに見せてくれる子どもたちの姿は、とても満足気でした。



『落ち葉で遊ぼう!』

今回遊んだ場所には落ち葉山盛り積もっていました。

noasobi1215 (52).jpg

「何して遊ぶ?」と相談して…

noasobi1215 (41).JPG

noasobi1215 (14).JPG

スタッフを埋めちゃいました!!

こうなった時の子どもたちの結束力は凄いです。
あっという間に、スタッフが落ち葉で隠れて見えなくなります。

noasobi1215 (78).JPG

自分も埋もれてみたり…

noasobi1215 (77).jpg

全身落ち葉だらけになって夢中で遊んでいました。


『自然のすべりだい』


斜面の上に落ち葉が積もっていると、とても滑りやすいです。
立って歩いている時は、「滑らないように気を付けて〜」という声掛けになりますが、お尻をつくと
「よし!滑って帰ろう!」という声掛けに変わります。

noasobi1215 (76).jpg

手を貸しあって上まで登っていって、滑って降りてくる。

noasobi1215 (75).jpg

何人かの子どもたちに大人気のあそびでした。



今回は山で遊んでいたメンバー、探検に出かけたメンバー、小川で遊んでいたメンバー、と大きく3つに分かれて活動していました。
そして、その多くが午前午後通して同じ遊びに夢中でした。まさしく『遊びこむ』ことができた時間だったように思います。
『色んなことにチャレンジしてほしい』という思いもありますが、『気の合うメンバーとやりたい遊びをたっぷり楽しむ』こともとても大切です。

どちらの時間も大事にしながら活動していきます。

次回は1月25日、26日の活動です。
2020年もみんなと楽しい活動をしていきたいです。

あらためて、この度はご参加いただきありがとうございました!


国際自然大学校
小島菜奈子(ぴけ)

カテゴリ | キャンプ

2020年01月10日 14:48

12/14 のあそび1DAY日記


日にち:12月14日(土)
天 気:晴れ
場 所:生田緑地
人 数:子ども8人、スタッフ5人

気持ちいい冬晴れの中で行われた今回ののあそび1DAY。
noasobi1214 (3).JPG
noasobi1214 (76).JPG


今回集まったメンバーは、お友だち大好き、探検大好き!
多くのメンバーが、一緒になって行動し、たくさんの発見をしていました。

『壁のぼりに挑戦!』

探検をしていたら見つけた石の壁。
子どもたちでも手と足をかけ、クライミングすることができました。

noasobi1214 (11).JPG
noasobi1214 (12).jpg

一番上まで登った子は満足気な表情。


noasobi1214 (19).JPG


登らずに、石を枝でたたき、「コツコツ」となる音を楽しむ子もいました。

スタッフがしっかり見守っている中でないとできないチャレンジではありますが、全身を使ってみんなが夢中で取り組んだ、とても良い時間でした。


『大きな葉っぱで何する?』

お昼ごはんの後から過ごしていた広場には、大きなカエデの木がありました。

noasobi1214 (39).jpg

さあ、この葉っぱで何して遊ぶ??

noasobi1214 (49).jpg

何人かの子が始めたのが、落ち葉で落ち葉を掃くあそび!
公園の石段をせっせときれいにしていました。

noasobi1214 (56).jpg

好きな色や形の落ち葉を集める子も。

葉っぱが色づく季節になると公園の景色は一気に鮮やかになります。
そのカラフルな色からたくさんの刺激を受けて、あそびを広げていきたいです。


『斜面をゴロゴロ…』

先月は駆け下りる遊びが流行っていた広場の斜面。

noasobi1214 (67).JPG

今回はそこをコロコロ転がる遊びが大人気でした。

noasobi1214 (68).JPG

noasobi1214 (69).JPG

地面が柔らかいので、転がっても痛くないこともこの遊びに夢中になれる理由の一つですが、秋冬の魅力は転がった時にカサカサと落ち葉の音がするところも魅力的です。




今回は落ち葉をたくさん使って遊ぶ子どもたちの姿が印象的でした。
また、同じ場所で活動継続したことで、さらに遊びこむ姿が見られてとても嬉しく感じます。

2019年度の活動も残り少なくなってきました。
さまざまな季節、天候の中で子どもたちと楽しく過ごしていけることを楽しみにしております。

2020年もどうぞよろしくお願いします。


国際自然大学校
小島菜奈子(ぴけ)



続きを読む
カテゴリ | キャンプ