2018年12月07日 11:33

12/5 のあそびレポート


今年最後となった、今回ののあそびくらぶにご参加いただき、ありがとうございました。

暖かい風が吹き、冬を感じさせない一日となったこの日。
のあそびくらぶのお友だちは、時に自然物を使った遊びをし、時に気が済むまで走り回るなど、とことん遊び尽くした2時間となりました。



【ザリガニを釣ろう!】
いつの日かのあそびくらぶで、ガサガサ(小さい網)を使ってザリガニを捕まえたことがありました。
そのことを覚えていたAちゃん。
「こばしり!ザリガニ捕まえよう!」と声を掛けてくれて、Aちゃんと一緒にザリガニ釣りがスタートしました。

「どんなところにいるの?」「ガサガサをどう使えばいいの?」とザリガニを釣りたい意欲的なAちゃんは、スタッフにたくさん質問をしてくれます。
「川沿いの草の下に隠れているかもね」とスタッフが教えると、Aちゃんはひたすら草の下をガサガサしていきます。川沿いに生えている草の下は、ほぼガサガサし終えたAちゃん。なかなかザリガニを捕まえられないので、スタッフは「これで終わりかな?」と思いきや、最初にガサガサしたところに戻り、また繰り返しにいったのです。

捕まえられなくても、諦めずにザリガニ釣りを続けていくAちゃん。
捕まえられた体験があるからこそ、Aちゃんのように諦めずにずっと遊び続けることができるのだなと、感心させられた瞬間でした。

最後に「今日は難しいからやめておく!」と一言。
まだ心は諦めきれないAちゃんでした。



【助けてあげる!】
自分で長い網を持ってきたBくんは、その網を使って川の近くで遊んでいました。
Bくんの近くにいたお友だちが空き缶を川に流して遊んでいたら、取ることができないくらい流されて行ってしまったのです。

そこでBくん、「まかせて!」とその長い網を使って、缶を取ろうとしますが、なかなか届かずギリギリまで腕を伸ばします。
腕を伸ばすという事は、川に落ちそうになりますよね?
スタッフが「Bくん落ちちゃうよ!気をつけて?」と声を掛けますが、Bくんは取ることに夢中…。

その時です!
「助けてあげる!」と、周りにいたお友だちが声を掛けました!
声を掛けるだけでなく、Bくんの腰を持って落ちないようにしっかりと掴んでいるではありませんか!

その姿にスタッフは思わず「おぉー!!」と心の中で喜んでしまいました。笑

「お友だちが危ない」という意識から、すぐに行動に移す事のできるのあそびの子どもたち。
その行動力や優しさをこれからも大事にしていってほしいです。



改めて、今年最後ののあそびくらぶにご参加いただき、ありがとうございました。

次回ののあそびくらぶは【1月23日】になります。
“のあそびえんそく”というプログラムも【12月22日(土)】に行いますので、ぜひチェックしてみてください!
ご参加お待ちしております!


国際自然大学校
小林 伸也(こばしり)
PC050023.JPGPC050029.JPGPC050034.JPGPC050019.JPGPC050033.JPGPC050042.JPGPC050044.JPGPC050039.JPGPC050049.JPGPC050045.JPGPC050070.JPGPC050741.JPGPC050745.JPGPC050756.JPGPC050747.JPG
カテゴリ | 森のようちえん

2018年12月07日 11:31

12/5 おさんぽレポート


今回、おさんぽくらぶにご参加いただきありがとうございました。

12月の寒さとは一変、ぽかぽか陽気となった本日のおさんぽくらぶ。
自然のものを活かした遊びが今回も見られました。


【わんわんのお家】
おさんぽくらぶがスタートすると、子どもたちはさっそく河川敷探検に出発!
各々行きたいところに足を運んでいきます。
法面(コンクリートブロック)を下り、茂みを抜けていくと、お散歩をしているワンちゃんがいました。

それを見たAくんは、「わんわんのお家を作る!」と大張り切り!
AくんとBくんで、わんわんのお家を作るための材料を集めに行きました。

途中、洋服にひっつき虫をたくさんつけながらも、石や枝、猫じゃらしなど茂みの中から無我夢中で見つけていきます。
1人で持つことの出来ない大きな流木は、2人で協力して運んでいきます。

材料が集まったところで早速、わんわんのお家作りがスタート!
流木の周りに石を敷き詰め、その上に大きな枝をのせていきます。
その姿はまるで真剣そのもの。見つけてきた材料を使ってどんどんお家を作っていきます。

お家は子どもたちの首の高さまで大きくなりました。
Bくんが「わんわんのお家ふわふわにする!」と、枯れ草をかき集めてお家の上にのせました。
なぜ枯れ草を集めたのか聞いてみると、「わんわんが外だと寒いから、ふわふわのお家にして温かくした」のだそう。

Aくんの行動力とBくんのやさしさで、とても素敵なわんわんのお家が完成しました。
自然の特徴に着目し、その特徴を活かしながら作っている姿に私も感心しました。


【今までの経験】
多摩川河川敷の活動では、毎度おなじみ石を使った遊び。
今回も石で色々な活動へと展開していきました。
今回は、その一部をご紹介します。

河川敷をスタッフと共に追いかけっこをしていると、土に埋まった大きな石を発見!
その石が気になったCちゃん。
石を抜こうとしますが、土に埋まっていてなかなか取り出す事が出来ません。

ですが、昨年度からおさんぽくらぶに来ているCちゃん。
そんなことでは諦めませんでした。
今までの経験を思い出し、手の平サイズの枝を持ってきました。
その枝を使って、石の周りを丁寧に少しずつ削り掘っていきます。

掘り初めてから、約10分。
ようやく石を掘り起こす事に成功しました。
自分の力だけで掘り上げた、Cちゃんのお気に入りの石。
“自分のお気に入りの石”を茂みの中にこっそりと隠していました。

昨年度から来ているCちゃんの成長した姿を、間近に感じる事の出来た石掘りでした。


改めて、今回もおさんぽくらぶにご参加いただきありがとうございました。
次回のおさんぽくらぶは【12月19日】です。

みなさんにまた会えることを楽しみにしています。


国際自然大学校
吉田 怜央(ペッタ)  
PC050013.JPGPC050700.JPGPC050688.JPGPC050696.JPGPC050003.JPGPC050711.JPGPC050708.JPGPC050720.JPGPC050715.JPGPC050724.JPGPC050719.JPGPC050731.JPGPC050734.JPGPC050735.JPGPC050739.JPG
カテゴリ | 森のようちえん

2018年11月16日 20:03

11/14 のあそびレポート


今回あそびくらぶにご参加いただきありがとうございました。

今回も快晴の中のあそびくらぶが開催されました。
石や大きな枝を見つけたり、自然の様々な部分に目を向けて遊び尽くす、のあそびの子どもたちでした。


【石を掘り起こす】
大きな石を掘り起こそうとしていたAくん。
周りのお友だちも「何やってるの?」と興味深々。
掘り進めていくうちに1人2人と、Aくんの周りにお友だちが集まり、おやつタイムまで夢中で石掘りをしていました。

おやつタイム後も大きな石の場所へ。

木を使ってみたり、細長い石を使ってみたり。
どうすれば硬い土を掘り進める事が出来るのか、みんなで工夫を施しながら掘っていきます。
お友だちの協力もあり、石も半分ほどまで掘り進める事が出来ました。

石掘りも終盤に差し掛かり、“あと少し!”で大きな石を掘り起こせる…
そのときです!

土の中から虫が出てきたのです!
この虫を見た子どもたち「なにこれー!」とビックリした様子でした。
どうやら、この大きな石は虫のお家だったようです。

虫とのいきなりの出会いに驚きつつも、その発見を楽しむ子どもたち。
どうすれば埋まっている石を掘り返す事が出来るのかをお友だち同士で考えている姿も見られ、
みんなで力を合わせて“大きな石を掘り起こす”という目的を達成することができました。


【多種多様】
きっかけはこばしりが枝を使ってクワガタのマネをしていた事です。
ここから枝を使った様々な遊びへと発展していきました。

まずは、枝探し!
より大きな枝を探す子や、細い枝、特徴的な枝を探す子など、多種多様な枝を見つけることができました。

大きな枝を探していたグループは、どれが一番大きいのか競争していました。
「これの方が大きいよ」「こっちのもおおきいよ!」と、それぞれ大きな枝を発見していきます。

Bくんが「大きな枝あったよ!」と呼び、みんなでBくんの方へ行ってみると、その枝は枯れ草が絡まっていてなかなか取り出す事が出来ません。
「みんなで引っ張ろう!」誰かの掛け声と共に、子どもたち同士でその枝を引っ張ってみます。

すると…無事に枝を引き出すことに成功!
引き出した枝は、アーチ状に寝かせてトンネルを作りました。

一方、細い枝、特徴的な枝を探していたグループも様々な発見がありました。
枝を文房具に見立てて、枝の先を石で削って「これ鉛筆みたいでしょ!」と教えてくれる子、
枝を使って「魚が釣れるかなぁ?」と、釣りをしている人の真似をする子もいました。

“枝”という一見なんでもないような自然物でも、子どもたちの発想力によって様々な遊びへと変わっていきます。
そんな子どもたちの発想力に改めて「すごいなー」と感心したスタッフでした。


最後に。
帰りの道中、たくさんの落ち葉が落ちているのを発見。
見つけたCちゃんは、落ち葉をかき集めて大空に「ポイッ!」
それを見ていた周りのお友だちも、一緒に息を合わせて落ち葉を投げてみます。
たくさんの落ち葉がみんな降り注ぎ、落ち葉のシャワーを楽しんでいました。


改めまして、今回ものあそびくらぶにご参加いただきありがとうございました。
次回ののあそびくらぶは【12月5日】です。

みなさんにまた会えることを楽しみにしています。


国際自然大学校
吉田 怜央(ペッタ)  
DSCF6557.JPGDSCF6559.JPGDSCF6576.JPGDSCF6565.JPGDSCF6558.JPGDSCF6589.JPGDSCF6588.JPGDSCF6581.JPGPB140038.JPGPB140040.JPGPB140052.JPGPB140048.JPGPB140057.JPGPB140058.JPGPB140062.JPG
カテゴリ | 森のようちえん